桜材 26.3cm×86.2cm 延宝6年(1678)完成  国重要文化財
TOP > 鉄眼一切経

宝蔵院と鉄眼一切経 (重要文化財)



一切経とは・・・

仏教思想は三蔵に収まります。
即ち釈尊が説かれた「経」と戒められた「律」及び釈尊とその弟子が「経・律」を
解説した「諭」の3つで、つまり一切経6,956巻をいい、精神面はもとより天文・
人文・医術・薬学・人道など社会全般のあらゆる面を説き明らかにしたもので、
仏教百科事典とも言うべきものです。
古来インドで出来た経文は梵文であり、これをまとめて中国語に訳した高僧が
玄奘三蔵法師達であり、日本に広めたのが鉄眼禅師です。
版木の今日・・・
原稿用紙の元になったのもこの一切経といわれております。明朝体と合わせて
今日の「図書・印刷」鉄眼禅師が文化のルーツとされる所以です・・・。

〒100-0000
〒611-0011
京都府宇治市五ヶ庄 三番割34-4 TEL 0774-31-8026


3

スマートフォンサイトへ